PJAA - PT. Pembangunan Jaya Ancol Tbk

Rp 570

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Pembangunan Jaya Ancol Tbk (PJAA)はジャカルタで急上昇したCOVID-19事件が発生した後、アンチョル地帯中のレクリエーションの一時的な閉鎖を発表した。

PJAAの会社秘書役、Agung Praptono氏がその閉鎖は2021年796号ジャカルタ知事命令書通りであると語った。その命令書において、ジャカルタ州政府はミクロ系公活動制限を延長する。

「インピアン・ジャヤ・アンチョル・パークのレクリエーションの一時的な閉鎖は2021年6月24日から、更なる発表まで有効となります。」とPraptono氏は本日(2021年6月24日)、インドネシア証券取引所における情報開示に説明した。

idnfinancials.comのデータによると、アンチョル・パークの閉鎖は大規模社会的制限の為、2020年に当社が一度行われたことある。その一時的な閉鎖は2020年に収入をIDR 414.2 billion、69.5%に下落させた。その結果、当社はIDR 392.8 billionの損失を記録した。

PJAAの72%株はジャカルタ政府が支配される。そして、その18.01%株はPT Pembangunan Jayaが、その9.99%株は公共投資家が、その残り株はPJAAの取締役と監査役が所有される。(NR/KR/ZH)