ジャカルタ-COVID-19の症例数の増加に伴い、医療用酸素の必要性が急増しました。一部の地域でも在庫不足が報告されています。これに応えて、ブディ・グナディ・サディキン保健相は、政府は現在、国の酸素生産能力を最大化しており、医療ニーズを満たすために転用できると述べた。

「私たちは産業省から、産業用酸素の医療への変換が最大90パーセント与えられるという約束を受けました」と厚生大臣は言いました。

保健大臣は、インドネシアの年間酸素生産能力は866,000トン/年に達し、年間生産利用率は638,900千であり、そのうち75%が産業用で、25%のみが医療用であると説明した。この変換により、国のニーズを満たすために得ることができる酸素の量は575,000トンに達します。

保健省のデータによると、現在、COVID-19患者の集中治療と隔離のための酸素の総必要量は1,928トン/日であり、利用可能な容量は2,262トン/日です。したがって、ジャワ-バリ地域は1日あたり2,262トンの酸素を供給できることが目標とされています。

病院の救急治療室を充実させるために、保健省は産業省と連携して、近い将来、6立方メートルと1立方メートルの酸素ボンベを輸入しています。 (LM / PW)