TRIS - PT. Trisula International Tbk

Rp 105

+48 (+34,78%)

【ジャカルタ】2021年6月まで、PT Trisula International Tbk (TRIS)はその子会社、PT Trisco Tailored Apparel Manufacturingを通じて、ジャケットやズボンやシャツなど衣装商品の輸出発注を貰った。

TRISの取締役社長、Santoso Widjojo氏は「COVID-19世界的流行の間に、我々は子会社を通じて、ジャケットやズボンやシャツなどその一つ、発注し続ける顧客の信頼を持っている事が有難く思っております。」と述べた。

現在、その輸出先はオーストラリア、欧州、イギリス及びシンガポールに到達する。様々な活動や運営上は再び、うまく営む出来るよう、経済は迅速に回復するよう、期待される。

2021年1月〜6月、当社は約170万枚の全発注を持っているジャケットやズボンやシャツの輸出発注を貰った。PT Trisco Tailored Apparel Manufacturingの売上高に対するジャケットの貢献は26%を、その売上高に対するズボンの貢献は47%を、その売上高に対するシャツの貢献は7%を記録された。

情報上、COVID-19世界的流行の始まりから、TRISは保健省から配布許可書を貰っている化学防護服や非医療マスクや他の医療衣装の形で保護具被服を作ることにより商品をも多様化している。他の衣装商品と同様、TRISの保護具商品も輸出されており、インドネシアの様々な地域に配布されている。 (NR/LM)