【ジャカルタ】PT Angkasa Pura I (Persero)はインドネシア政府が開始された一日当たり百万種痘プログラムを支援する為、15空港でCOVID-19種痘センターを設立する。

PT Angkasa Pura I (Persero)の取締役社長、Faik Fahmi氏によると、このプログラムは2021年8月に一日当たり2百万種痘に継続されるそうである。「我々は空港でこれらの種痘センターを提供することにより範囲を広げ、集団免疫を生成し、ワクチンを利用できるようにし、特に、搭乗客、国民を容易に出来るよう、期待します。」とFahmi氏は記者会見で述べた。

AP Iはこれらの種痘センターを開く為、幾つかの機関と協力していく。その機関は各空港の港湾保健所、現地の保健所、軍隊、警察及び他の支援共同体を含める。

COVID-19種痘センターを持っている幾つかの空港はスラバヤのジュアンダ空港、マカッサルのスルタンハサヌディン空港、バリのイグスティ・ングラライ国際空港、スマランのジェンダールアフマドヤニ空港、マナドのサムラトゥランギ空港、ジョグジャカルタのアディスチプト国際空港、ソロのアディスマルモ空港、ジャヤプラのセンタニ空港、ビアクのフランカイシエポ空港、バンジャルマシンのシャムスディンヌール空港、アンボンのパティムラ空港およびバリクパパンのSAMSセピンガン空港である。 (NR/KR/ZH)