ジャカルタ-1981年にスカントタノトとティナビンゲイタノトによって設立された教育分野の独立した慈善団体であるタノト財団は、本日、PT Riau Andalan Pulp&Paper(APRIL Group)工場で生産された500トンの酸素を寄付しました。インドネシア共和国産業省の調整によるインドネシアのCovid-19患者のニーズ。

アグス・グミワン・カルタサスミタ産業大臣は、タノト財団と企業パートナーであるエイプリルグループ-PTに感謝の意を表し、最高の感謝を述べました。 Riau Mainstay Pulp&Paper(PT。RAPP)は、このパンデミック状態の間に、漂白パルププロセス用の酸素プラント施設を転用することにより、医療用酸素供給支援を提供します。その一部は、500トンまたは100トンの医療用酸素に使用されます。 5回の出荷。配達は2021年7月9日金曜日からパンカランケリンチからジャカルタまで段階的に行われます。

保健省のデータによると、インドネシアでの医療用酸素の必要性は通常の6倍以上に増加しています。 Covid-19患者数が急増する前のパンデミックの状況では、インドネシアでの医療用酸素の必要量は1日あたり約400トンでした。しかし現在、医療用酸素の必要量は1日あたり2,500トンに達しています。 (LM / PW)