BSDE - PT. Bumi Serpong Damai Tbk

Rp 1.080

+5 (+0,46%)

【ジャカルタ】PT Bumi Serpong Damai Tbk (BSDE)は2021年第2四半期にIDR 4.5 trillionのマーケティング販売を記録した。その実績はIDR 2.9 trillionの2020年第2四半期に比べ、56%伸びた。

「この実績は当社にとって積極的な兆しです。なぜなら、我々は今年頭、IDR 7 trillionを設定された年間マーケティング販売の目標の65%を確保出来ております。」とBSDEの取締役、Hermawan Wijaya氏は公式声明に述べた。

2021年第2四半期にIDR 3 trillionのマーケティング販売源は住宅セグメントによるものであった。一方、商業土地や地層部分やショップハウスを含め、商業セグメントの貢献はIDR 1.2 trillion又は26%を記録された。

Hermawan氏がBSDシティ・セルポンは48%を最高に貢献したプロジェクトとして記録された。23%を貢献したナバ・パークが続いた。そして、第2層貢献者はグランド・ウィサタ(8%)、ゾラ(7%)、レジェンダ・ウィサタ(3%)及びコタ・ウィサタ(3%)であったと語った。BSDシティ・セルポン以外、買い手を引き付けられ、この世界的流行の間に売却されたジャカルタの幾つかの商品はアニグレ・タマン・バンジャール・ウィジャヤ(家具付き土地住宅)、グランド・ウィサタ(チェリー・ヴィル、ウォーター・テラス、ラ・モンテ、ガーデン・ハウス、モンテ・トレナ)及びコタ・ウィサタのマイアミクラスターである。 (NR/LM)