【ジャカルタ】今月頭、公暴露に述べられたように、PT Bukalapak.com Tbk (BUKA)は新規株式公開の価格を正上限、一株当たりIDR 850に設定している。

インドネシア中央証券保管(KSEI)の公式声明によれば、BUKAはKSEIの集団的預金に257.7億株を登録している。その額面価値は一株当たりIDR 50である。

BUKAはその実行価格を使用することによって、IDR 22.9 trillionの新規資金を得る可能性がある。PT Buana Capital Sekuritasの取締役、その新規株式公開の共同主幹事引受人、Ratna Karim氏が殆どその収益は運転資本の為、割当てられる。一方、その残りはBukalapakの6子会社を発展する為、使途されると説明した。

PT Bukalapak.com Tbk (BUKA)の取締役社長、Rachmat Kaimuddin氏がこの新規株式公開は全ての事業ラインの成長を促進していくと語った。しかし、BUKAの金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)は2020年にマイナスIDR 1.67 trillionを記録された。

情報上、その公募期限は2021年7月27日〜30日、行われる。その株式の電子流通は2021年8月5日に、その記録日付は2021年8月6日に行われる。 (NR/KR/ZH)