IBFN - PT. Intan Baruprana Finance Tbk

Rp 61

+1 (+1,67%)

【ジャカルタ】PT Intan Baruprana Finance Tbk (IBFN)は累積赤字と資本赤字を対処する為、債務を株式に転換する事と株主割当発行と言う二つのオプションを探検する。それはPT Intan Baruprana Finance Tbk (IBFN)の取締役、Alexander Reyza氏が2021年7月28日(水)に引用された情報開示に述べられた。

「我々は債務を株式や他の持分のような金融商品に転換し、株主割当発行を通じて戦略的投資家を求める為、債権者に申請を提出しております。」とReyza氏は説明した。

Reyza氏によると、これらのオプションは2020会計年度の財務報告書の免責条項後、当社の財務体質を向上する目的だそうである。IBFNは2020年12月にIDR 1.18 trillionの累積赤字を、IDR 322.30 billionの資本赤字を記録した。結果として、金融庁(OJK)はIBFNに警告を送り出している。

2021年3月31日まで、IBFNはIDR 307.03 billionの中期社債とIDR 654.73 billionの銀行債務の形で負債をも記録した。 (NR/LK/ZH)