MARK - PT. Mark Dynamics Indonesia Tbk

Rp 995

+5 (+0,50%)

【ジャカルタ】PT Mark Dynamics Indonesia Tbk (MARK)は今年、IDR 1.06 trillionの連結売上高とIDR 300.6 billionの純利益目標を達成出来ると楽観的である。その楽観は2021年にUSD 70 millionの契約を確保した後、得られた。

その契約額は2021年上期中、当社の業績を支援していた。その収入はIDR 192.63 billionを記録された2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 472.30 billion、145.19%伸びた。又、その当年利益はIDR 51.72 billionを記録された2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 155.21 billion、200.16%急上昇した。

PT Mark Dynamics Indonesia Tbk (MARK)の取締役社長、Ridwan Goh氏がこれらの実績はパンデミックの最中に増えた生産能力や効率を維持する努力の結果であると本日(2021年7月28日)のプレスリリースに説明した。

Goh氏がその向上した業績は新市場を浸透する努力や効率を達成し、商品質を強化する為、作られた生産戦略がトリガーされると語り続けた。Goh氏はこれらの戦略によって、その積極的傾向は2022年まで持続出来ると楽観的である。 (NR/AM/ZH)