【ジャカルタ】PT Pertamina (Persero)はUSD 1.3 millionを投資することによって、中部ジャワ州のチラチャプのペルタミナ製油所で太陽光発電所を建てる。それはPT Pertamina (Persero)の上級副社長会社通信・インベスターリレーションズ、Fajriyah Usman氏が2021年7月29日(木)に引用されたプレスリリースに述べられた。

Usman氏が1.34メガワット(MW)容量を持っているこの太陽光発電所は現状の電気利用水準を13.5%に削減させると更なる語った。「その発電所は67%の国内の労働力を、46.1%の国内の構成子を使用します。」とUsman氏は述べた。

その発電所だけではなく、チラチャプのペルタミナ製油所集合地帯で他の支援設備をも建てる。それらはプルタミナ病院チラチャプ、チラチャプ製油所スポーツ集合地帯およびカティラユとグヌンシンピンの住宅地である。

Usman氏によると、ほの発電所は新・再生可能エネルギー開発プログラムを支援する当社のコミットメントを見せるそうである。以前、ペルタミナは4メガワット(MW)の太陽光発電所バダック、2メガワット(MW)の太陽光発電所の製油所ドゥマイ、672メガワット(MW)の太陽光発電所セイマンケを建ててた。 (NR/LK/ZH)