BBTN - PT. Bank Tabungan Negara (Persero) Tbk

Rp 1.830

-30 (-1,64%)

【ジャカルタ】PT Bank Tabungan Negara (Persero) Tbk (BBTN)が行われた幾つかの戦略は積極的な業績を支援させた。その純利益はIDR 768 billionの2020年第2四半期に比べ、2021年第2四半期にIDR 920 billion、前年比、19.87%伸びた。

その戦略は効率、デジタル化、アウトレットのダウンサイジング及び費信用取引を通じて、手数料ベース収入を増やす事である。

PT Bank Tabungan Negara (Persero) Tbk (BBTN)の取締役社長、Haru Koesmahargyo氏がBTNはパンデミックの最中に繁栄し続ける為、変形や革新を設立し続けると語った。「我々はこのパンデミックの間に増える公共の住宅ニースを満たす為、常に事業を向上しようとしております。」とKoesmahargyo氏は昨日(2021年7月28日)、述べた。

2021年上期中、当社はIDR 251.83 trillionの2020年上期に比べ、IDR 265.9 trillion、5.59%伸びた信用融資を記録した。そして、持続可能性を維持する為、その品質や引当金を向上する。

その総額の中に、2021年第2四半期に、補助従来住宅ローン(KPR)は未だ、最大の貢献者であり、IDR 126.29 trillion、前年比、11.7%伸びた。そして、非補助従来住宅ローンはIDR 80.59 trillion、前年比、0.90%伸びた。最後に、非住宅ローンはIDR 5.43 trillion、前年比、17.47%伸びた。 (NR/AM/ZH)