NOBU - PT. Bank Nationalnobu Tbk

Rp 790

+20 (+3,00%)

ジャカルタ。 PT Bank Nationalnobu Tbk(NOBU)は、ライツイシューとも呼ばれる、1株あたり100ルピアの5億株の先制権を付与することにより、資本を調達する予定です。収益は、オフィスビルの購入と運転資金の増強に使われます。

この企業行動計画は、2021年9月3日の臨時株主総会でさらに議論される予定です。このスキームは、昨日(28/7)に発表された取引所の情報開示に示されています。

追加の詳細として、このライツイシューを通じて調達された資金は、バンテン州タンゲランのペリタハラパン大学のA棟、およびガジャマダタワービル内のいくつかのスペースの形でPT Grahaputra Mandirikharisma(GPMK)が所有する資産を購入するために割り当てられます。中央ジャカルタ。残りの資金は会社の運転資金に振り向けられます。

GPMNKは、先制権所有者によって請求されていない新株が残っている場合、スタンバイバイヤーとしても機能します。 GPMKは、現金以外の形で資本を預けるか、インブレンスキームを使用して、合計1,930億ルピア相当の資産を引き渡します。したがって、GPMKは最大で160,165,976株を取得します。これは、発行済みおよび払込済みの資本のライツイシュー発行の3.48%に相当します。

最後に、権利を行使しないことを選択した株主は、その部分を最大10.13%希釈することになります。 (AM / ZH / PW)