ISAT - PT. Indosat Tbk

Rp 6.150

-200 (-2,79%)

【ジャカルタ】情報通信提供業者、PT Indosat Tbk (ISAT)は2021年上期中、IDR 5.61 trillionの利益を記録した。それは2020年上期に記録されたIDR 217.66 billionの損失から回復出来た。それはPT Indosat Tbk (ISAT)の取締役社長、Ahmad Abdulaziz AA Al-Neama氏が本日(2021年7月29日)、公開された2021年上期の財務報告書に発表された。

Multimedia Komunikasi Dataから引用されたように、Ahmad氏が当社は2021年上期にIDR 14.98 trillionの収入を記録し、IDR 13.45 trillionを記録された2020年上期に比べ、11.38%伸びた。その主要な貢献者はIDR 12.40 trillionを貢献したセルラーセグメントであると語った。そして、インターネットセグメントはIDR 2.29 trillionを、固定情報通信セグメントはIDR 283.54 billionを貢献した。

2021年上期に、増えた当年利益はIDR 6.16 trillionを記録された塔の販売・リースバックの純所得が支援された。斯くて、その経費はIDR 7,92 trillionを記録され、IDR 12.36 trillionの2020年上期に比べ、低下した。又、その実績はIDR 261.18 billionの税引き前損失をした昨年に比べ、税引き前利益をIDR 5.66 trillionに増加させた。 (NR/LK/ZH)