KINO - PT. Kino Indonesia Tbk

Rp 1.610

0 (0%)

【ジャカルタ】ボディケア製品メーカー、PT Kino Indonesia Tbk (KINO)の売上高は2020年上期に比べ、2021年上期に12.52%低下した。それはその全収入を11.81%に低下させた。

本日(2021年8月9日)、引用された2021年上期の財務報告書において、PT Kino Indonesia Tbk (KINO)の取締役社長、Harry Sanusi氏がその全収入はIDR 2.19 trillionを記録された2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 1.93 trillionを記録されたと語った。その国内売上高は2021年上期にIDR 1.79 trillionを貢献し、IDR 2.05 trillionの2020年上期に比べ、低下した。一方、その輸出売上高は2021年上期にIDR 139.70 billionを貢献し、IDR 141.90 billionの2020年上期に比べ、減少した。

2021年上期に、その売上高はIDR 860.91 billionを貢献したボディケア製品であった。そして、その飲料セクターはIDR 838.72 billionを、その食料セクターはIDR 207.67 billionを、その製薬品セクターはIDR 27.15 billionを貢献した。2020年上期に、そのボディケア製品セクターはIDR 1.1 trillionを、その飲料セクターはIDR 846.78 billionを、その食料セクターはIDR 186.27 billionを、その製薬品セクターはIDR 45.39 billionを、そのペットフードセクターはIDR 9.02 billionを貢献した。

IDR 117.71 billionの2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 38.62 billionに低下した利益は増えた売上原価が引き起こされた。結果として、その粗利益はIDR 1.90 trillionの2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 919.46 billionに減少した。一方、その税引き前利益はIDR 150.54 billionの2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 39.27 billionにも低下した。それは増えた一般管理費や支払利息が引き起こされた。 (NR/LK/ZH)