【ジャカルタ】PT BRI Agroniaga Tbk (AGRO)は新株引受権又は株主割当発行を通じて、一株当たりIDR 100で21.5新株を発行する計画を発表した。

経営陣は資本を強化する為、その株主割当発行から得られた収益を使途することにした。「特に、デジタルベース資金流通に関して、当社の運転資本としてです。」と経営陣はリリースされた趣意書に更なる述べた。

その株主割当発行に発行されるその新株は2021年7月31日に記録されたAGROの全発行・払込資本の9.96%に等しい。当社は2021年9月27日に開催される臨時株主総会の間に株主の承認を求めている。

当社はその総会の決定を待っている為、その企業行動の価格を設定していない。しかし、idnfinancials.comのデータによると、AGROの平均株価は過去25日間以内に一株当たりIDR 2,730に終える。斯くて、IDR 5.1 trillionの追加資金を得る可能性がある。

情報上、2021年7月まで、AGROの86.09%株はPT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)が支配される。そして、その残り13.91%株は公共投資家が所有される。 (NR/KR/ZH)