ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 187

-10 (-5,35%)

【ジャカルタ】PT Acset Indonusa Tbk (ACST)は2021年8月にタングラン-メラク有料道路のスクラップ、塗りつぶし、オーバーレイプロジェクトとクレオンアパートメントからIDR 115 billionの新規契約ポートフォリオを追加する。それはPT Acset Indonusa Tbk (ACST)の取締役、Djoko Prabowo氏が2021年8月23日(月)に引用された公暴露を通じて、述べられた。

「2021年8月まで、当社が確保されたその新規契約はIDR 17 billionのタングラン-メラク有料道路のスクラップ、塗りつぶし、オーバーレイ及びIDR 98 billionのModernグループプロジェクトのクレオンアパートメントです。」とPrabowo氏は述べた。

それらの新規契約によって、当社は2021年上期に得られたIDR 191 billionの最新契約を含め、IDR 313 billionの契約額を収集している。それらのプロジェクトの一つはランプンのミニ水力発電所である。

Prabowo氏によると、当社はプロジェクト入札の参加を考慮し、2021年下期に追加契約を得ると楽観的だそうである。2021年上期に幾つかの入札は延期されても、当社は年末まで、提供されるプロジェクトを確保する契機を持っている。 (NR/LK/ZH)