MBTO - PT. Martina Berto Tbk

Rp 144

+1 (+0,69%)

【ジャカルタ】PT Martina Berto Tbk (MBTO)は年末まで、10%〜15%伸びる事業目標を目指し、マーケティングと化粧品商品を最適化する為、PT Tigaraksa Satria Tbk (TGKA)と連携している。それはPT Martina Berto Tbk (MBTO)の取締役、Iwan Herwanto氏が本日(2021年8月24日)、引用された情報開示に発表された。

Herwanto氏がインドネシア全土におけるTGKAのModern Trade Key Accountを通じて、配布されるMBTOの選ばれた商品はSariayu、Rudy Hadisuwarno Cosmetics、Mirabella及びBiokosであると更なる語った。「当社はTigataksaの配布ネットワークと範囲が当社の商品配布をアチェからパプアまで向上すると楽観的です。」とHerwanto氏は述べた。

Herwanto氏によると、その連携相手は現在、インドネシアにおける小さな都会でModern Tradeアウトレットを拡大する為、励んでいるそうである。将来的業績成長はTigaraksaが所有されるModern Trade店舗を通じて、100%の国家の範囲で約25%に及ぶと予測される。「Martina Bertoの商品は全地域で顧客がより容易に見つけることが出来るよう、期待されます。」とHerwanto氏は述べた。

2021年6月まで、MBTOはIDR 90.795 billionの純売上を記録し、IDR 167.34 billionの2020年上期に比べ、低下した。その最大の貢献者はIDR 58.51 billionを貢献した化粧品の売上高によるものであり、IDR 1.1 billionを貢献した漢方薬の売上高、IDR 71.41 billionを貢献したその他のの売上高が続いた。結果として、返品率や販売値引きを除き、その総売上高はIDR 131.02 billionを記録された。 (NR/LK/ZH)