INDF - PT. Indofood Sukses Makmur Tbk

Rp 6.425

-75 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Indofood Sukses Makmur Tbk (INDF)は2021年上期にIDR 47.29 trillionの売上高を記録し、IDR 39.38 trillionの2020年上期に比べ、20%伸びた。それは7.2%の2020年上期に比べ、2021年上期に7.3%伸びた純利益率が続いた。

PT Indofood Sukses Makmur Tbk (INDF)の取締役社長、Anthoni Salim氏が2021年上期に当社の業績は現在、進行中のCOVID-19パンデミックの最中に安定に増えると語った。「我々は当社の競争力を維持していきます。」とSalim氏は2021年8月25日(水)に引用されたプレスリリースに述べた。

その増えた売上高だけではなく、その営業利益は2021年上期にIDR 8.49 trillionを記録され、IDR 5.63 trillionの2020年上期に比べ、51%伸びた。その上、その営業利益率は14.3%の2020年上期に比べ、2021年上期に17.9%も伸びた。一方、その親会社に帰属する利益はIDR 2.84 trillionの2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 3.43 trillion、21%伸びた。最後に、そのコア利益はIDR 2.87 trillionの2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 3.92 trillion、37%伸びた。 (NR/LK/ZH)