MRAT - PT. Mustika Ratu Tbk

Rp 835

+5 (+0,60%)

【ジャカルタ】ハーブ化粧品・健康サプリメントメーカー、PT Mustika Ratu Tbk (MRAT)はデジタル変形と市場拡大が支援され、二つ桁伸びる事業を目指す。

PT Mustika Ratu Tbk (MRAT)の取締役社長、Bingar Egidius Situmorang氏が当社は今年、デジタルマーケティングを最適化し続けていくと語った。その戦略は当社にとって昨年以内にパンデミックに直面する鍵であると顧慮される。

そのデジタルマーケティングの最適化は遠隔医療プラットフォームへの配布ネットワークを拡大し、消費者へのMustika Ratuの商品のブランド認知度を増やすことにより達成される。Situmorang氏がこの戦略は2020会計年度に当社の売上高をIDR 318.4 billion、4%に増やせたと考える。

「その増えた純売上は4.0変形を打上げた当社の成功の仕儀です。」とSitumorang氏は述べた。

本日(2021年8月27日)の公暴露を通じて、MRATは2021年上期にIDR 176.3 billionの純売上を記録し、前年比、23.2%伸びた。一方、その純利益はIDR 2.26 billionを記録され、前年比、55.9%伸びた。

したがって、当社は二つ桁伸びた業績を記録出来た。2021年下期に少なくともIDR 142.11 billionの売上高を記録する必要がある。その上、年末まで、積極的な純利益をも維持する必要がある。 (NR/KR/ZH)