BUMI - PT. Bumi Resources Tbk

Rp 142

+7 (+5,00%)

【ジャカルタ】PT Bumi Resources Tbk (BUMI)は昨年、USD 86.1 millionの損失を被った後、2021年上期中にUSD 90.9 millionの利益を記録した。それはPT Bumi Resources Tbk (BUMI)の取締役、Dileep Srivastava氏が2021年8月30日(月)に引用されたプレスリリースに述べられた。

その実績は2021年上期に不均衡な世界的需給やパンデミックやインフラ停留や不確実な政治的の為、20%以上伸びた石炭価格の結果であると考える。「その収入はUSD 1.87 billionからUSD 2.29 billion、16%伸びました。そしてその収入費はUSD 1.73 billionからUSD 1.81 billion、4%伸びました。」とSrivastava氏は述べた。

Srivastava氏によると、石炭価格は2021年上期に1トン当たりUSD 56.2を記録され、1トン当たりUSD 46.9の2020年上期に比べ、増加したそうである。その増えた価格によって、その粗利益はUSD 238.1 millionの2020年上期に比べ、2021年上期にUSD 485.3 million、104%伸びた。「当社の生産性は進行中のCOVID-19パンデミックにも拘らず、良く維持されます。」とSrivastava氏は述べた。

今年、出炭容量は85トン〜89トンを目指され、その推定価格は1トン当たりUSD 58〜1トン当たりUSD 63である。 (NR/LK/ZH)