クアラルンプール-CarsomeGroup(Carsome)は本日、1億7000万米ドルのシリーズD2資金調達ラウンドの終了を発表し、同社の評価額を13億米ドルに引き上げ、マレーシア最大のテクノロジーユニコーンとしての地位を強化しました。これは、3,000万米ドルの新しい信用枠によって補完され、調達された資金の合計は2億米ドルになります。

カーサム史上最大の株式投資であるシリーズD2ラウンドは、この地域で最大の国有投資ファンドの1つと、Catcha GroupやMediaTekなどの新興国際投資家の参加、および既存の株主の強力な参加の結果でした。 、アジアパートナーズ、ゴビパートナーズ、500東南アジア、オンディーンキャピタル、MUFGイノベーションパートナーズ、大和PIパートナーズおよびその他の株主を含みます。 Rothschild&Co。は、この取引でCarsomeのファイナンシャルアドバイザーを務めています。

Carsomeの共同創設者兼グループCEOであるEricChengによると、最新の資金調達ラウンドにより、Carsomeは小売および自動車金融事業の有機的成長を加速させることができます。 「私たちは投資家からの信頼とサポートに非常に光栄に思い、興奮しています。東南アジアで統合された自動車のeコマースプラットフォームを立ち上げ、エコシステムの複数の強みによって増幅されているため、私たちは新たな高みに到達する準備をしています」とエリックは付け加えました。

Carsomeの最新の資金調達ラウンドは、企業から消費者(B2C)モデルの成長と拡大への戦略的焦点を強化します。今年だけでも、Carsomeはマレーシア、インドネシア、タイにCarsome Experience Centerとして知られる少なくとも7つのB2C小売センターを開設し、今年はさらにいくつかのセンターを開設する予定です。 (LM / PW)