BOLT - PT. Garuda Metalindo Tbk

Rp 1.015

+40 (+4,00%)

【ジャカルタ】2021年上期末まで、PT Garuda Metalindo Tbk (BOLT)はIDR 55 billionの設備投資の25%を吸収している。新生産工場を建てる為、その資金を使途している。

PT Garuda Metalindo Tbk (BOLT)の取締役、Anthony Wijaya氏がその設備投資は商品を拡大する事において、幾つかの更新機械を購入する為にも、使途されると語った。

2021年9月7日(火)に公暴露の生放送の間に、Wijaya氏が当社はその新工場の建設と更新機械によって、2021年にIDR 1.1 trillionの収入目標を達成出来ると楽観的であると述べた。当社は今年末まで、5%〜10%伸びる純利益をも目指している。

当社はその目標を達成する為、市場を海外に拡大し、新製品を追加する事を含め、以前、実装された戦略を実行し続けていく。2021年上期末まで、当社はIDR 22.02 billionの純利益を記録した。IDR 10.5 billionの純損失を記録された2020年上期に比べ、興した。 (NR/AM/ZH)