ANTM - PT. Aneka Tambang Tbk

Rp 1.915

+50 (+2,61%)

【ジャカルタ】PT Aneka Tambang Tbk (Antam)は金投資に対して増える国民の意識につれて、国内市場に貴金属のユーザーベースを発展する事に注力していく。

PT Aneka Tambang Tbk (Antam)の上級副社長会社秘書役、Yulan Kustiyan氏がその増えた国民の興味は国内市場における貴金属の需要を高めさせたと語った。斯くて、その状態は2021年上期にAntamの販売量を13.34トン、69%に増加させた。「この実績によって、Antamは2021年に積極的な業績を記録する事について楽観的です。」とKustiyan氏は昨日(2021年9月8日)、Bisnisに引用されたように、述べた。

これから先、業績を増やす為、Antamの貴金属用加工および精錬所事業ユニット(UBPP Logam Mulia)はwww.logammulia.comやチャットアプリを通じて、オンライン貴金属取引システムを提供することにより市場適応を行い、厳しい保健プロトコルを従って、金ブティックを限定的に営業する。

Antamは下流鉱物精錬所の拡大にも一貫して注力する。それは備蓄と資源を拡大し、既存の備蓄から鉱物新製品を展開する為、連携を築く事を含める。 (NR/AM/ZH)