TFAS - PT. Telefast Indonesia Tbk

Rp 870

-25 (-2,87%)

【ジャカルタ】PT Telefast Indonesia Tbk (TFAS)は電動車両事業を営んでいる子会社の一つ、PT Energi Selalu Baru (ESB)に投資をIDR 1.5 billionに増やす事を発表した。

TFASの会社秘書役、Fuad Nugraha氏がこの投資はESBが行われた増資と共に、与えられたと説明した。「この取引は当社の主要な事業を支援していきます。その上、それは営業収入を更なる得る為、事業活動を実行していきます。」とNugraha氏はインドネシア証券取引所における情報開示に引用されたように、述べた。

idnfinancials.comのデータによると、ESBは2021年6月にPT NFC Indonesia Tbk (NFCX)とPT SiCepat Express Indonesia (SiCepat)が新しく設立された合弁会社である。TFASは5%株又はIDR 525 millionの資本を注入することによりその合弁会社に参加した。

ESBが注力される事業は電動オートバイ配布、バッテリー交換、電動車両の生態系を支援する他のサービスを提供する事を含める。一方、TFASがESBに与えられた支援事業は商業やインフラや生態系支援を含める。

2021年6月30日まで、TFASはIDR 30.66 billionの全資産を持っている。2021年上期中、その純売上はIDR 307.86 billionを、その純利益はIDR 14.75 billionを記録される。 (NR/KR/ZH)