【ジャカルタ】総合株価指数(JCI)は本日(2021年9月20日)の最初の取引セッションの終わりに6,061.40、1.17%、71.84ポイント低下した。それは6,057.50〜6,133.24の範囲内に動きを見せた。

ほぼ全セクター指数は低迷し、総合株価指数を下落させた。2.17%最大に伸びたセクターはIDXトランスセクターに発生した。

Kontanの報告によると、本日の取引の最初のセッションのLQ45トップ出遅れ株はPT Charoen Pokphand Indonesia Tbk (CPIN)、PT Japfa Comfeed Indonesia Tbk (JPFA)及びPT Kertas Factory Tjiwi Kimia Tbk (TKIM)であった。 (NR/LM)