FISH - PT. FKS Multi Agro Tbk

Rp 3.700

0 (0%)

【ジャカルタ】PT FKS Multi Agro Tbk (FISH)は今年から2025年まで、運輸・物流セクターの展開企画の為、USD 50 millionを割当てる。それはPT FKS Multi Agro Tbk (FISH)の取締役社長、Po Indarto Gondo氏が2021年9月21日(火)に引用された公暴露を通じて、発表された。

「その推定額はUSD 40 million〜USD 50 millionです。その最大の割当は物流事業ユニットに割当てられます。その企画の資金源は内部資金と銀行ローンによるものです。」とGondo氏は詳しく説明した。

Gondo氏によると、その展開企画は北スマトラのメダン、西ジャワのチレゴン、中部ジャワのチラチャップなど幾つかの所在地における倉庫収容を向上する事を含めるそうである。例として、メダンの倉庫は2023年に30,000トンの商品を、2025年に80,000トンの商品を収容出来る事を目指される。

「展開目的の銀行融資は短期や数年後に予定されております。」とGondo氏は述べた。

その上、当社はチガディング港に新桟橋を追加する予定である。それは2022年に完成される予定である。その新桟橋は積み降ろし容量を一日当たり25,000トン〜50,000トンに増やす。そして、チレゴンの新統合倉庫建設があり、今年末まで、30台のトラックを追加する。 (NR/LK/ZH)