【ジャカルタ】PT Angkasa Pura II (Persero)は北スマトラのデリセルダンのクアラナム国際空港における三つインフラプロジェクトを管理する為、戦略投資家を求めている。

戦略投資家はPT Angkasa Pura Aviasiの49%株を取得する一方で、その残り51%株はAngkasa Pura IIが所有される。

idnfinancials.comのデータによると、Angkasa Pura AviasiはAngkasa Pura IIの子会社の一つである。2020年まで、Angkasa Pura IIはAngkasa Pura Aviasiの99.99%株を持っていると記録される。

「利害関係者と事業連携相手の間の協調は特に、北スマトラ、インドネシア西部の経済の支援者の一つとなれるよう、期待されます。」とAngkasa Pura Aviasiの取締役、Haris氏は述べた。

クアラナム空港でAngkasa Pura Aviasiが取り扱われるその三つプロジェクトは空港シティ、電子商取引センター倉庫及び統合商業地域の展開である。空港シティは135ヘクタール土地に、電子商取引センター倉庫は2ヘクタール土地に、統合商業地域は20ヘクタール土地に建てられる。 (NR/KR/ZH)