HEXA - PT. Hexindo Adiperkasa Tbk

Rp 3.580

-20 (-0,49%)

【ジャカルタ】PT Hexindo Adiperkasa Tbk (HEXA)は今年末まで、1,626台の重機販売を目指す。それはPT Hexindo Adiperkasa Tbk (HEXA)の取締役、Yoshendri氏が2021年9月23日(水)に引用された公暴露を通じて、述べられた。

Yoshendri氏によると、重機販売は今年の収入目標にUSD 359.4 millionを貢献するそうである。そして、当社はUSD 31.75 millionの純利益を記録すると予測する。2021年6月まで、428台を販売出来る。その殆どは農園セクターが発注された。

今年の目標は1,552台の実現の2020年より、高い。その販売は1,284台の6トン以上の掘削機、23台のホイールローダー、245台のミニ掘削機、3台の連節式ダンプトラックを含む。

その上、HEXAの取締役、Dwi Sasono氏は回復する市場の最中にその販売目標を達成出来ると楽観的である。そして、1,500台以上の販売目標を達成すると語った。「その既存の目標は工場の生産能力で調整される状態によって、評価され続けていきます。」とSasono氏は述べた。

Sasono氏によると、当社は世界的鋼鉄の価格が増えるにつれて、2021年8月以降、重機売価を増やしているそうである。その利用可能な製品は特に、大型重機、PT Hitachi Construction Machinery Indonesia (HCMI) と輸入機械によるものである。 (NR/LK/ZH)