PPRE - PT. PP Presisi Tbk

Rp 138

-1 (-0,72%)

【ジャカルタ】PT PP Presisi Tbk (PPRE)はCovid-19を防止する為、厳しい保健プロトコルと手続きによって、本日、2021年の臨時株主総会を開催した。その臨時株主総会は監査役会長、Yul Ari Pramuraharjo氏が議長として務められた。Pramuraharjo氏はPT Brantas Abipraya (Persero)の第1運営担当重役としての任命に関して監査役としてMuhammad Toha Fauzi氏の名誉ある解雇と言う一つ議題を承認した。したがって、その臨時株主総会の終わりに5年間の任期の監査役会と取締役会の構成は次の通りである。

  • 監査役会
    • 監査役会長︰Yul Ari Pramuraharjo
    • 監査役︰Sumardi
    • 独立監査役︰Indra Jaya Rajagukguk
  • 取締役会
    • 取締役社長︰Rully Noviandar
    • 取締役︰Benny Pidakso
    • 取締役︰M. Wira Zukhrial
    • 取締役︰Muhammad Darwis Hamzah

PPREの一般的な状態の説明において、監査役会長、Yul Ari Pramuraharjo氏は「PP Presisiは2021年8月まで、IDR 3.5 trillionの新規契約を成功に得て、32%の採鉱サービス契約のIDR 1.7 trillionの前年同期に比べ、前年比、103%伸びました。最高サービスの新規契約の取得は当社の実績です。それは採鉱サービス事業を経常収益源や建設セクターの事業リスク緩和としてさせます。」と説明した。 (NR/LM)