WSKT - PT. Waskita Karya (Persero) Tbk

Rp 560

+20 (+4,00%)

【ジャカルタ】インドネシア共和国の衆議院はPT Hutama Karya (Persero) (HK)とPT Waskita Karya (Persero) Tbk (WSKT)にIDR 16.9 trillionの国家資本参加の要求を承認している。その決定は昨日(2021年9月22日)、インドネシア共和国の衆議院第6委員会が合意された。

衆議院第6委員会副会長、Aria Bima氏がインドネシア共和国の衆議院はHKにIDR 9 trillionの追加の2021年国家資本参加を、WKSTにIDR 7.9 trillionの追加の2021年国家資本参加を注入する事に合意していると語った。「Hutama Karyaへの追加資本はトランススマトラ有料道路に資金を提供する為、Waskita Karyaへの追加資本はリストラ手続きや運転資本や有料道路の投資における資本を強化する為、使途されます。」とBima氏は本日(2021年9月23日)、プレスリリースに更なる述べた。

今年頭、HKはIDR 6.2 trillionの追加資本を得た。斯くて、累積される場合、IDR 14.1 trillionの追加資本を得る。それはIDR 19 trillionの2021年の目標を達成していない。

そのIDR 6.2 trillionの追加資本はIDR 3.09 trillionのシグリ-バンダ・アチェ路線、IDR 414 billionのクアラ・タンジュン-テビン・ティンギ-プラパット路線、IDR 2.7 trillionのルブク・リンガウ-チュルプ-ベンクル路線の建設を支援する為、使途される。 (NR/LK/ZH)