KPAS - PT. Cottonindo Ariesta Tbk

Rp 74

+3 (+4,05%)

【ジャカルタ】綿メーカー、PT Cottonindo Ariesta Tbk (KPAS)は運営上活動の資金を得る為、今年末まで、2企業行動を行う計画を探検している。

PT Cottonindo Ariesta Tbk (KPAS)の取締役社長、Marting Djapar氏がその2企業行動の一つは現在、進行中である一方で、もう一つはローン契約と私募を含め、2021年12月におこなわれる予定であると語った。「一方、その株主割当発行と固定手段企画は2022年に行われる為、論議されております。」とDjapar氏は2021年9月24日(金)に引用された情報開示に述べた。

Djapar氏によると、当社はその企画に関して、BNIやBCAやBank Paninを含め、幾つかの債権者に連絡を取っているそうである。「当社は銀行にローンファシリティー契約のネガティブな誓約に対する債権放棄を与えるよう、要求しております。BNIは2021年9月16日に債権放棄を確認している一方で、BCAとBank Paninはそれを見直しております。」とDjapar氏は詳しく説明した。

知られているように、KPASは収入を低下させたCOVID-19パンデミックの為、工場の営業を停留している。その工場利用は0%に、その設備容量は一月毎に905.550トンに及んでいる。その工場の最高の利用は2021年3月に46.4%記録される。 (NR/LK/ZH)