PKPK - PT. Perdana Karya Perkasa Tbk

Rp 175

+1 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Deli Pratama Batubaraは以前の2名の株主からPT Perdana Karya Perkasa Tbk (PKPK)の49.56%株を購入した後、PKPKは強制公開買付けを行う。その実行価格は2021年9月27日前、過去90日間以内の株価によって、一株当たりIDR 72に設定される。

PT Perdana Karya Perkasa Tbk (PKPK)の会社秘書役、Untung Haryono氏が当社は昨日(2021年9月28日)、その強制公開買付けの計画に関して、金融庁(OJK)に書類を提出したと語った。「その強制公開買付けの詳細は金融庁(OJK)から発効声明書を得た後、その強制公開買付けの情報に述べられます。」とHaryono氏は本日(2021年9月29日)、公表された情報開示に述べた。

DPBはSoerjadi Soedarsono氏とFanny Listiawati氏からPKPKの49.56%株を取得した。Soedarsono氏はPKPKの全発行・払込資本の6億株の35.95%を、Listiawati氏はPKPKの全発行・払込資本の6億株の13.61%を所有した。DPBはDPBの99.99%所有権を持っているPT Deli Pratama Nusantaraが支配される一方で、その全発行・払込資本のIDR 1 billionの残り0.01%所有権はPT Sinar Deliが所有される。

その上、Sinar Deliの99.9%株はPT Deli Indonesia Rayaが所有される。その株主構成はJuhadi氏(20%)、Arifin Tan氏(25%)、Ratih Angraini氏(15%)、Djunaidi Hardi氏(15%)、Arifin氏(15%)及びLai Hong氏(10%)である。 (NR/LK/ZH)