【ジャカルタ】インドネシアの外貨準備は2021年9月にUSD 2.1 billionを増え、USD 144.8 billionの2021年8月に比べ、USD 146.9 billionに増加した。それはBank Indonesia (BI)の通信部長、Muhamad Nur氏が2021年10月8日(金)に引用されたプレスリリースに発表された。

Nur氏によると、その実績は税金サービス所得や政府の対外債務出金を含め、幾つかの要因の結果だそうである。その外貨準備は十分であると評価され、経済安定や見通しは現在、かなり堅実である。その上、経済回復を支援する政策でもある。

Nur氏がその外貨準備は対外債務の支払いを含め、8.6ヶ月の輸入に、次の8.9ヶ月の輸入活動に資金を提供する為、十分であると考える。「その外貨準備は3ヶ月の輸入活動の国際的妥当性基準以上です。」とNur氏は述べた。 (NR/LK/ZH)