PTPW - PT. Pratama Widya Tbk

Rp 920

+80 (+9,00%)

【ジャカルタ】基礎建設会社、PT Pratama Widya Tbk (PTPW)は今年末まで新規契約目標をIDR 387 billionからIDR 252 billionに修正した。それは増えたCOVID-19事件や遅延された幾つかのインフラプロジェクト入札が原因である。

2021年10月14日(木)に引用されたプレスリリースにおいて、PT Pratama Widya Tbk (PTPW)の事業開発管理者、Richard Antonio氏が当社は2021年中旬に増えたCOVID-19事件の為、契約目標を最初の目標の65%に下げたと語った。「当社がパンデミックは今年、緩和されると予測します。しかし、2021年6月と7月にCOVID-19事件は増えました。」とAntonio氏は述べた。

Antonio氏によると、当社は2021年9月まで、IDR 196 billionのみの新規契約を確保したそうである。得られたその契約はIDR 27 billionのロイウィケリス用水池のダイヤフラム壁建設プロジェクト、IDR 9.9 billionのブカシの河川での治水用埋め込み杭、IDR 6.9 billionの国際バタム大学学長室の埋め込み杭プロジェクトである。

「我々は修正されたその目標を満たせるよう、期待されるジャワのインフラ建設の入札に参加しております。」とAntonio氏は更なる述べた。

2021年6月まで、PTPWはIDR 126 billionの収入を、IDR 16.5 billionの純利益を記録した。そして、その全持分はIDR 381.6 billionを、その全資産はIDR 498 billionを記録された。 (NR/LK/ZH)