【ジャカルタ】Bank Indonesia (BI)と日本中央銀行(日本銀行)は二国間通貨スワップ取極(BSA)を更新した。その二国間通貨スワップ取極(BSA)は外部安全保障を支援する為、ルピア(IDR)、米ドル(USD)、円(JPY)の間の外貨スワップを管理する。

BIの通信部長、Muhamad Nur氏がそのスワップ価値はUSD 22.76 billionに及び、円に等しいと語った。「この二国間通貨スワップ取極の延長は2021年10月14日から有効となります。」とNur氏は本日(2021年10月15日)、プレスリリースから引用されたように、更なる述べた。

Nur氏によると、その二国間通貨スワップ取極の延長は地域的で世界的の両方の金融安定を維持する為、セーフティネットを提供することにより両国の金融状態を強化する為だそうである。その連携は2003年2月17日に開始された。その初延長は3年間分の為、2018年10月14日に行われた。

インドネシアと日本間での二国間通貨スワップ取極(BSA)はチェンマイ・イニシアティブのマルチ化(CMIM)の修正通りである。チェンマイ・イニシアティブのマルチ化(CMIM)は会員の金融セーフティネットの流動性と言う設備支援の形であり、アセアン+3国々間の地域金融イニシアチブである。 (NR/LK/ZH)