ETWA - PT. Eterindo Wahanatama Tbk

Rp 62

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Eterindo Wahanatama Tbk (ETWA)はPT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)への債務リストラを完成した後、PT Bank Negara Indonesia (Persero) Tbk (BBNI)へのローンファシリティーをリストラする計画である。それはPT Eterindo Wahanatama Tbk (ETWA)の会社秘書役、Azwar Alinuddin氏が2021年10月15日(金)に引用されたプレスリリースに発表された。

「最終の論議は完了しました。唯一の残された事はローン契約の締結です。それはこの10月に行われるよう、期待されます。」とAlinuddin氏は述べた。

Alinuddin氏によると、他の銀行債務リストラは2021年6月に完成されたそうである。

2021年6月まで、当社はPT Bank J Trust Indonesia Tbk (BCIC)への短期債務を引き取る為、最大限のIDR 20 billionの運転資本ファシリティーの形でBNIへのローンファシリティーを記録した。その上、年毎に13%の金利を持っているIDR 10 billionの第1運転資本ローンを、年毎に13%の金利を持っているIDR 70 billionの第2運転資本ローンをも持っている。

2019年10月28日に、そのローンファシリティーは変じた。年毎に5%有効となり、年毎に4%を含む年毎に9%の金利を持っているIDR 20 billionに及んだ運転資本ローンは2021年4月30日まで延期された。そして、年毎に9%の金利を持っているIDR 10 billionの運転資本ローンは2021年4月30日に満期となった。年毎に9%の金利を持っているIDR 34.55 billionの定期貸付の元金分割払いは2021年4月にIDR 5 billionを、2021年9月にIDR 4 billionを、2021年10月にIDR 9 billionを支払われた。

それに、IDR 17.32 billionの未払い国内信用状(SKBDN)、2022年4月に満期となるIDR 1.34 billionの所得税(PPh)債務決済契約、IDR 416.26 millionのの所得税(PPh)債務決済契約をも持っている。 (NR/LK/ZH)