【ジャカルタ】株式の投資家数は2021年10月14日(木)まで3百万名の単一投資家識別(SID)に及んだ。それは1977年にインドネシアの資本市場を再開されて以来、歴史的に記録された最高の数である。

インドネシア証券取引所の開発担当重役、Hasan Fawzi氏が2021年10月14日(木)に投資家全数は3,008,318名の単一投資家識別(SID)に及んだと語った。「我々は資本市場に関する教育や適切な知識の促進は特に、将来的により良い投資戦略を決定する事において、若い世代、投資家予定者の助けとなると考えます。」とFawzi氏は先週、述べた。

Fawzi氏が2021年8月31日まで、登録した新投資家数は百万名に及んだ。その中に若い世代の投資家が左右されたと更なる語った。斯くて、Fawzi氏が若い世代は自分の国の国内の投資家の重要な役割を強化出来るよう、期待する。

2021年10月14日(木)まで、株式や証券や投資信託の投資家を含め、資本市場の全投資家数は6,597,100名の単一投資家識別(SID)に及んだ。 (NR/AM/ZH)