【ジャカルタ】PT Huadi Nickel Alloy Indonesia (HNI)は南スラウェシのバンタエンにおける精錬所設備の運航を最適化する為、90メガボルトアンペア(MVA)の電力を追加した。その追加容量は次の5年間以内に1,000 MVAに及ぶまで、追加され続けていく。

PT Huadi Nickel Alloy Indonesia (HNI)の取締役、Jos Stefan Hidecky氏がPLNからその追加の電力容量は精錬所の運航を4溶鉱炉から6溶鉱炉に高めると語った。「給電品質を維持するPLNのコミットメントは精錬所設備の運航の電力容量を90 MVAに増やす為、我々を奨励しております。」とHidecky氏は2021年10月22日(金)のプレスリリースに説明した。

Hidecky氏によると、HNIは2018年以降、40 MVAの電力容量を追加した後、現在、PLNの210 MVAの電力容量を使用しているそうである。2021年8月に、二度目、電力容量を80 MVAに増やした。

Hidecky氏が追加の100 MVAは2023年に当社の展開計画につれて、行われると語った。

PT Perusahaan Listrik Negara (Persero) (PLN)が南スラウェシの給電システムは2,019メガワット(MW)を、1,435 MWのピーク負荷を持っていると確かめた。 (NR/LK/ZH)