SRAJ - PT. Sejahteraraya Anugrahjaya Tbk

Rp 272

+16 (+6,00%)

【ジャカルタ】マヤパダ病院を経営する会社、PT Sejahteraraya Anugrahjaya Tbk (SRAJ)はその子会社の一つ、PT Sejahtera Inti Sentosa (SIS)にローンファシリティー支給を発表した。

SRAJの取締役、Arif Mualim氏が流通されたそのローン額はIDR 255 billionに及び、2021年9月30日以降一年間以内に有効となると語った。SISが満期となったそのローンを返済し損なった場合、そのローン期限は一年間を自動的に延長されることが出来る。そして、SISは年毎に1.5%のローン利子を支払う必要がある。

「その目的はSISの運転資本に資金を提供する為です。」とMualim氏は本日(2021年10月22日)、インドネシア証券取引所における情報開示に述べた。

Mualim氏がそのローンファシリティーはSRAJの財政状態に悪影響を与えないと語った。「なぜなら、その子会社に与えられた資金源は当社の支配株主への当社のローンによるものでした。」とMualim氏は更なる述べた。

idnfinancials.comのデータによると、2021年6月末まで、SRAJの59.99%株はPT Surya Cipta Inti Cemerlangが支配される。そして、その18.17%株はHigh Pro Investmentが、その9.64%株はMinot Light APAC Ltdが、その11.79%株は公共投資家が、その残り株はSRAJの監査役の1名が所有される。 (NR/KR/ZH)