【ジャカルタ】国有企業省はPT Energi Management Indonesia (Persero) (EMI)におけるBシリーズ全株をPT Perusahaan Listrik Negara (Persero) (PLN)に譲渡した。EMIはPLNの子会社となった後、2025年まで、IDR 8 trillionの収入を目指す。

国有企業大臣、Erick Thohir氏がEMIをPLNの子会社にする事は再生可能エネルギー分野の国有企業の変形の一部であると語った。「我々はEMIとPLNを共同することにより国有企業の効率を行っております。EMIはビジネスモデルを監査システムからグリーンエネルギーにも変更します。」とThohir氏は2021年10月25日(月)に引用されたプレスリリースに更なる述べた。

Thohir氏によると、PLNはビジネスモデルを立て直し、社会のエコライフスタイルに調整しなければならないそうである。エコライフスタイルは特に、環境障害を削減し、地方の公共の全ての様相に大きな影響を与える。

PLNは2025年まで、1億1700万トンの脱炭素化を目指すと知られる。PLNにおけるEMIの面前はPLNのプロジェクトの二酸化炭素の排出を320万トンに、PLNのプロジェクト以外の二酸化炭素の排出を419万トンに削減していく。 (NR/LK/ZH)