JAKARTA-GoTo FinancialとTokopedia、およびGojekの大手電子マネープロバイダーであるGoPayは、インドネシア証券取引所(IDX)と協力して、金融教育と、金融リテラシーを向上させるためのより優れたスマートな資産管理を提供しています。 FinanSiapプログラムの拡大の一環であるこの教育は、現在インドネシアの資本市場で最大の個人投資家グループである若い年齢層を対象としています。

金融包摂月間(BIK)の活性化の一環として開催されたこのコラボレーションは、インドネシアのあらゆるレベルの社会に包括的な金融サービスを提供するというGoPay、Gojek、Tokopediaの取り組みを強調しています。 FinanSiapプログラムは、テクノロジーと投資の知識がますます高まっている社会の中で、金融リテラシーを高めるニーズに応えるように設計されています。

インドネシア中央証券預託機関(KSEI)のデータによると、資本市場の投資家数は2019年の2,484,354人から2020年末には3,880,753人に増加し、2021年10月15日には6,610,173人に達しました。2021年9月現在データによると、資本市場の総投資家の59.23%は31歳未満の若者でした。

しかし、2019年にOJKが金融リテラシー指数に関して実施した第3回全国金融リテラシーと包摂に関する調査(SNLIK)の結果は、インドネシアの総人口の38%だけが優れた金融リテラシーを持っていることを示しています。

FinanSiapプログラムは、ウェブサイト、記事、ビデオ、ウェビナー、インフォグラフィック、ポッドキャストの形式で、一般の投資家や初心者の投資家が簡単に理解できるように、フレンドリーな方法でパッケージ化された一連の教育コンテンツで構成されています。このプログラムには、プレゼンターおよびリソースパーソンとしてさまざまな専門家および資本市場の専門家が参加します。 (LM / PW)