KRAS - PT. Krakatau Steel (Persero) Tbk

Rp 364

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Krakatau Steel (Persero) Tbk (KRAS)は2021年10月まで、IDR 2.1 trillion、2.3倍増えた金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)を記録した。2020年10月にそれはIDR 930 billionのみを記録された。

IDR 15.3 trillionの2020年10月に比べ、2021年10月にIDR 26.5 trillion、73.19%伸びた売上高を記録した後、その増えた金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)が発生した。そして、その実績によって、純利益はIDR 1.05 trillionを記録された。

本日(2021年11月18日)、リリースされた公式声明において、PT Krakatau Steel (Persero) Tbk (KRAS)の取締役社長、Silmy Karim氏が当社は2021年10月に生産性を25%、16億2800万トンに増やせたと語った。それは12億700万トンを記録された2020年10月に比べ、増加した。そして、変動費をトン当たりUSD 63の2020年10月に比べ、2021年10月にトン当たりUSD 57にも成功に削減出来た。その上、その固定費はトン当たりUSD 65の2020年10月に比べ、2021年10月にトン当たりUSD 60、前年比、8%低下した。

Karim氏が一貫して向上したKrakatau Steelの業績はリストラや変形を行った経営陣の成功のお蔭であったと語った。「将来的に、Krakatau Steelはその積極的な業績を兼ねて維持する長期マスタープランを確保しております。」とKarim氏は述べた。 (NR/AM/ZH)