【タカラール】公共事業・公営住宅省は南スラウェシ州における井堰とA.Pペッタラニ高架有料道路など大規模インフラだけではなく、公共インフラをも建てている。その一つは吊橋である。直接的に公共が感じたその吊橋の利点は村間つながるアクセスとしてであり、観光地としてその現地の経済を支援する可能性を持っている。

2021年に建てられた3吊橋の中に、タカラールリージェンシーのブルクニー村におけるマカンムII吊橋と言うその一つは2021年9月に完成された。この吊橋はモンチョンコンバ村を南ポロンバンケン区のスルランギ村やブルクニー村とつながる60メートル長さで建てられた。

マカンムII吊橋は365メートル長さと4.5メートル幅の進入路で備えられる剛鉄型、60メートル長さでブルクニー川上に伸びている。その吊橋構造は床増援としてスリングハンガーに頼っている強さを持っている鋼材吊橋である。その吊橋はIDR 3.16 billionの2021会計年度予算を使途し、建てられた。 (NR/LM)