WMPP - PT. Widodo Makmur Perkasa Tbk

Rp 129

+9 (+7,00%)

【ジャカルタ】Widodo Makmurグループの持ち株会社、PT Widodo Makmur Perkasa Tbkは新規株式公開の実行価格を一株当たりIDR 160に設定する。44.1億株を発行することによって、IDR 70.04 billionの資金を得る可能性がある。

本日(2021年11月29日)、公表された趣意書において、PT Widodo Makmur Perkasa Tbkの経営陣は輸出ヤードや物流やオーストラリアにおけるローカル連携相手と動物屠所の連携発展に資金を提供する為、11.50%の新規株式公開の収益を使途する計画であると語った。

一方、その19%の収益はスマトラ、スラウェシ、パプアにおける統合牧場やとうもろこし農園の設立に資金を提供する為、その19%の収益は当社の子会社の資本の為、その50.50%の収益は当社の運転資本の為、使途される。

その公募期間は2021年11月30日〜12月2日、予定される。一方、その割当日付は2021年12月2日に、その株式の電子流通は2021年12月3日に、取引所に上場される株式は2021年12月6日に行われる。当社はその引受主幹事会社としてPT BRI Danareksa Sekuritas、PT CIMB Niaga Sekuritas、PT Surya Fajar Sekuritas、PT Mirae Asset Sekuritas Indonesiaを任じている。一方、その引受会社はPT Samuel Sekuritas Indonesia、PT Valbury Sekuritas Indonesia、PT Yulie Sekuritas Indonesia Tbkを任じられる。 (NR/AM/ZH)