【ジャカルタ】ボルト・ナッツ産業を経営する会社、PT Mitra Angkasa Sejahtera (MAS)はインドネシア証券取引所(IDX)に新規株式公開を行う。

どのくらいその資金を得られるか、その新規株式公開の日付に関する情報は詳しく述べられていないが、本日(2021年11月29日)、リリースされた公式声明書において、PT Mitra Angkasa Sejahtera (MAS)の取締役社長、Simon Hendiawan氏がその新規株式公開は当社のマーケティング範囲を拡張する為、資本化を増やす目的であると語った。株式会社とんることによって、MASは競争力を高め、良好なコーポレート・ガバナンスを強化出来るよう、期待している。「当社はより信頼出来、透明になり、その競争力はより高くなります。」とHendiawan氏は述べた。

その上、Hendiawan氏がインドネシアのボルト・ナッツ産業は非常に見通しのある事業であり、現在、需要は供給より高いと語った。他の有望な要因はインフラを建てる事において塊状な政府の動きを含める。

2021年10月まで、MASの売上高は2020年同期に比べ、11%伸びた。一方、2020年の売上高は2019年に比べ、5%のみ伸びた。 (NR/AM/ZH)