BELL - PT. Trisula Textile Industries Tbk

Rp 136

-8 (-6,00%)

【ジャカルタ】良き品質を持っている織物や制服やファッション製品を生産する株式会社、PT Trisula Textile Industries Tbk (“BELL”)は2021年第3四半期にIDR 2.8 billionの親会社に帰属する純利益を記録出来た。それはIDR 1.6 billionの純損失を記録された2020年第3四半期に比べ、前年比、277.2%伸びた。その増加は回復した業績が支援された。その一つは両方のオンラインとオフラインを含め、向上した小売業績であった。

BELLの会社秘書役、R Nurwulan Kusumawati氏は「2021年第3四半期の増加は減った買掛金や債権買掛や在庫品を管理する金融費やその他費用も支援され、BELLのキャッシュフロー運営をかなり効果的に改善させました。その上、BELLはロイヤルのお得意様から増えた需要をも記録しました。それはBELLがお得意様に提供される商品に対する信頼を維持出来ます。」と述べた。

売上高面において、当社は約95%を貢献した国内市場が支配されており、その輸出市場は前年の実績に比べ、47%伸びた。一方、小売セグメントにおいて、「JOBB」と「Jack Nicklaus」商品の需要も増加した。 (NR/LM)