VRNA - PT. Verena Multi Finance Tbk

Rp 106

-2 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Verena Multi Finance Tbk (VRNA)の融資流通は2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期に減少した。それは下がった融資セグメントが主に引き起こされた。しかし、その純利益は金融費の効率のお蔭で、1.622%伸びた。

2021年11月29日(月)に公表された2021年第3四半期の財務報告書によれば、VRNAはIDR 2.17 trillionの融資流通を記録した。それはIDR 2.41 trillionを記録された2020年第3四半期に比べ、低下した。その総額はIDR 1.09 trillionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 1.19 trillionに増加した消費者金融、IDR 1.21 trillionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 833 billionに減少した金融リース、IDR 113.58 billionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 142.34 billionに増加したその他金融を含んだ。

その下がった融資流通はIDR 236.44 billionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 225.34 billionに低下した収入に影響を与えた。その最大の貢献者はIDR 138.29 billionを貢献した消費者金融セグメントによるものであった。そして、IDR 51.80 billionを貢献した金融リースセグメント、IDR 21.34 billionを貢献した行政・料金セグメント、IDR 9.53 billionを貢献した罰金セグメント、IDR 346.38 millionを貢献した利子セグメント、IDR 4.01 billionを貢献したその他収入が続いた。

当社は下がった収入にも拘らず、IDR 1.40 billionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 24.23 billionに増加した当年利益を記録出来た。それは利子や金融費を含め、経費の効率が引き起こされた。 (NR/LK/ZH)