BYAN - PT. Bayan Resources Tbk

Rp 34.725

+700 (+2,00%)

【ジャカルタ】増えた石炭平均売価はPT Bayan Resources Tbk (BYAN)が74.34%大幅に伸びた収入を、500.88%大きく伸びた純利益を記録させた。

PT Bayan Resources Tbk (BYAN)の会社秘書役、Jenny Quantero氏がその大幅に増えた収入は2021年第3四半期にメトリックトン当たりIDR 59.7に増加した石炭平均売価が支援されたと語った。2020年第3四半期に、石炭平均売価はメトリックトン当たりUSD 38.6のみに及んだ。「その増えた売価は増えた石炭販売量と伴っております。」とQuantero氏は仮想的公暴露を通じて、述べた。その石炭販売量は2600万メトリックトンから2930万メトリックトン、12.69%伸びた。

2021年1月〜9月、BYANはUSD 1.74 billion、IDR 25.07 trillion(1米ドル当たりIDR 14,337の仮定)の収入を記録した。それはUSD 1 billion又はIDR 14.39 trillionの2020年同期に比べ、74.34%伸びた。その収入実現はUSD 1.4 to 1.6 billionの2021年収入初目標を超えた。

それに、その親会社に帰属する当年利益はUSD 108.22 millionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にUSD 650.32 million、500.88%急上昇した。

当社は国内市場、中国、韓国、インド、マレーシア、その他国々へ石炭を配布している。しかし、その最大の配布はフィリピンへの配布(28%)であった。そして、中国への配布(17%)、韓国への配布(14%)、インドネシアへの配布(11%)、インドへの配布(10%)、マレーシアへの配布(10%)、その他国々への配布が続いた。 (NR/AM/ZH)