JECC - PT. Jembo Cable Company Tbk

Rp 5.925

-50 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Jembo Cable Company Tbk (JECC)は2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期に15.52%伸びた収入にも拘らず、IDR 50.23 billionの損失を記録した。それは増えた販売費が引き起こされ、純利益を94.16%に下落させた。

2021年11月30日(火)に公表された2021年第3四半期の財務報告書において、PT Jembo Cable Company Tbk (JECC)の取締役社長、Santoso氏がその収入はIDR 1.26 trillionを記録され、IDR 1.09 trillionの2020年第3四半期に比べ、増加したと語った。しかし、販売費はIDR 976.46 billionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 1.25 trillionに増加した。斯くて、粗利益はIDR 118.93 billionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 6.93 billionに低下した。その結果、当年損失はIDR 12.33 billionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 50.23 billionに増加した。

増えた売上高は内外市場の全主要な事業に発生した。国内売上高は2021年第3四半期にIDR 1.24 trillionを記録され、IDR 1.07 trillionの2020年第3四半期に比べ、増加した。一方、輸出売上高は2021年第3四半期にIDR 21.48 billionを記録され、IDR 16.88 billionの2020年第3四半期に比べ、増加した。関連当事者への売上高は2021年第3四半期に54%を記録され、45.3%の2020年第3四半期に比べ、増加した。

その最大の収入源はIDR 781.72 billionを貢献した銅低電位電気ケーブル売上高によるものであった。そして、情報通信ケーブルはIDR 234.38 billionを、中電位電気ケーブルはIDR 128.12 billionを、アルミニウム低電位ケーブルはIDR 80.99 billionを、その他商品はIDR 40.34 billionを貢献した。 (NR/LK/ZH)