ICBP - PT. Indofood CBP Sukses Makmur Tbk

Rp 9.325

+100 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Indofood CBP Sukses Makmur Tbk (ICBP)は本日、2021年9月30日に終了した財務業績を発表した。IDR 33.90 trillionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 42.62 trillion、26%伸びた連結純売上高を記録した。

営業利益はIDR 6.42 trillionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 8.82 trillion、37%伸びた。そして、営業利益率は19.0%の2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期に20.7%伸びた。親会社に帰属する利益はIDR 3.96 trillionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 4.97 trillion、25%伸びた。純利益率は約11.7%に安定した。コア利益はIDR 4.40 trillionの2020年第3四半期に比べ、2021年第3四半期にIDR 5.17 trillion、18%伸びた。

ICBPの取締役社長兼最高経営責任者、Anthoni Salim氏「困難な世界的市況や増えている物価の最中に、ICBPは2021年第3四半期に強力な業績を記録出来ました。当社の従業員の頑張りや統合事業モデルが支援され、我々は様々な課題に直面し、業績を持続可能的に維持出来ると積極的に留まります。」と述べた。 (NR/LM)